スペイン・中南米への留学なら、スペイン留学.jp|代行手数料 0円

  • 大阪06-6346-5554
  • 神戸078-230-2022
  • 東京03-6869-6435
  • 名古屋052-766-6406
  • 福岡092-517-9535

ネットで24時間
いつでもOK!

Web問合せ

インスティトゥート・パブロ・ピカソ

Instituto Pablo Picasso

スペイン・マラガ生まれの有名画家パブロ・ピカソの生家からスグ近くにある学校です。1982年開校以降、ヨーロッパを中心に世界中から学生が訪れ、コースも大変充実しています。アットホームで明るいスタッフや講師が迎えてくれるので、楽しく学べます。

基本情報

設立 1982年 平均学生数 55人
教室数 9部屋 ハイシーズンの学生数 140人
入学基準 16歳以上 主な国籍 ヨーロッパ、東ヨーロッパ、アメリカ・カナダ・オセアニア、日本・その他のアジア
受講期間 1週間〜 平均年齢 20代後半
設備 無料インターネット 図書館
滞在先の種類 ホームステイ 共同アパート 個人アパート
アクティビティ

歓送迎パーティー、フラメンコレッスン、料理教室、文化施設訪問、スペイン文化に関する様々なワークショップ。毎週土曜日にガイド同伴で、グラナダやコルドバ、セビーリャ、ロンダ、エル・チョロ、白い村など近郊都市への小旅行(有料)

サービス&オプション内容 到着・出発送迎サービス

学校情報

スペイン語学校・パブロ・ピカソは、2012年6月に創立30周年を迎えました。1982年の創立以来、1万5千人以上にのぼる世界各国からの留学生を受け入れ、スペイン語の学習と実践の場を提供し続けています。当学院はマラガで最も長い歴史を持つスペイン語学校の一つで、創立以来変わらず、マラガのランドマークであるメルセ広場に位置しています。旧市街の中心にあたる、このメルセ広場に面した19世紀建造の歴史ある建物に当学院の校舎はあります。当学院からほんの50mほど離れた並びの建物では、20世紀が誇る天才画家パブロ・ルイス・ピカソが1881年10月25日に誕生しました。ここは現在、ピカソ生家博物館として一般公開されています。

体験者の声

ロケーション

歴史と文化の中心地であるマラガで、新たにマラガ・ピカソ美術館がオープンした最も由緒ある地区に位置しており、並びにあるピカソ生家博物館はその名の通り、かのパブロ・ルイス・ピカソが誕生した所です。

歴史と文化の中心地であるマラガで、新たにマラガ・ピカソ美術館がオープンした最も由緒ある地区に位置しており、並びにあるピカソ生家博物館はその名の通り、かのパブロ・ルイス・ピカソが誕生した所です。

コース案内

インテンシブ20

各コースは月曜日から翌週金曜日までの2週間が1ユニット、午前10時から午後2時までの1日4レッスン(1レッスン50分)で構成されています。1クラス最大9名までの少人数制を採用しているため、受講生数の多い時期は午後4時から午後8時までの午後クラスも設定されます。時間割は時期やレベルによって変更する可能性がございます。

エキストラインテンシブⅠ

インテンシブ20に個人レッスンが1レッスン加わったものです。

エキストラインテンシブⅡ

インテンシブ20に個人レッスンが2レッスン加わったものです。

スペシャル

インテンシブ20に個人レッスンが1レッスン追加されたものです。
個人レッスンはビジネス、スペイン文学、スペイン文化、スペイン文明のいずれかから選択可能です。

DELE試験対策

コースは4月、7月、10月のみ開講します。コース開講に当たり3人以上のお申し込みで開講いたします。

個人レッスン

1レッスン55分で授業内容は留学生の希望に添うことが可能です。

フラメンコ

1日1レッスンからお申込可能で、1対1のレッスンです。

写真で見る学校の様子

お電話でのお問い合わせ