topics

この記事をシェアする

スペイン、5月24 日から日本とイギリスからの観光客を受入れへ

ブログ

スペイン政府は21日、日本とイギリスからの旅行者を新型ウイルス対策の規制の対象外として受入れると発表しました。受入れは24日から開始されます。これまで日本からスペインに入国するには新型コロナウイルスの陰性証明などが必要でしたが、24日以降はなしで入国可能になります。

 

この決定は日本とイギリスの感染状況が比較的落ち着いていることを受けたもので、スペインの観光業界を早期に回復させたい政府の狙いもあります。

 

スペイン政府はすでに、イスラエル、オーストラリア、ニュージーランド、ルアンダ、シンガポール、韓国、中国、タイなどからの観光客を新型コロナウイルスに関する制限なしに受入れており、日本とイギリスもそこに加わります。

 

24日以降、日本国籍を持つ人は原則として90日以内の滞在であればスペインにビザなし(無査証)で以前のように入国できます。(アプリか専用サイトから健康調査への回答は必要です。)

 

ただ、乗り継ぎ便で行く場合は乗り継ぎ国で陰性証明が必要になる場合があります。

また、日本に帰国時にはPCR検査や陰性証明と宣誓書の提出、14日間の自宅待機などが必要になるので、ちょっと面倒そうです。

 

まだ気楽に行ける状態とは言えませんが、少しずつ規制が緩和されているのは嬉しいですね。