スペイン・中南米への留学なら、スペイン留学.jp|代行手数料 0円

  • 大阪06-6346-5554
  • 神戸078-230-2022
  • 東京03-6869-6435
  • 名古屋052-766-6406
  • 福岡092-517-9535

ネットで24時間
いつでもOK!

Web問合せ

スペイン留学の次はメキシコ留学🌵

先日、今年の夏にスペイン・バレンシアへ1ヶ月ご留学されたF様が再度お母様と一緒にカウンセリングに来られました。

 

バレンシアでは現地でできた友達とトマト祭りに参加したり、バルに行ってスペイン料理を堪能したりと充実した留学生活を終えて帰国されました。「百聞は一見に如かず」で、

「お金もかかるしどうしようかなと思ったけどやっぱり留学して良かったです!『スペイン語、ビジネスレベルで話せるようになりたい』という思いが強くなったので次はメキシコに留学します!!」

とのことで来年の春から1年、メキシコに長期で語学留学されます。

 

スペイン留学の手続きの際はお世話になりました。メキシコ留学の際もまたよろしくお願いしますとのことで、美味しそうなクッキーを手みやげにお持ちくださいました。わざわざありがとうございます!!スタッフ皆で頂きます☺

 

メキシコはいま日本語とスペイン語が話せる人の需要が高まっています。日系企業の新出に伴い数年前は自動車工場での翻訳・通訳の仕事がほとんどでしたが、今は一般事務、総務、販売など日本でもよくある職種も増えてきたそうで、選択肢は日本と同じくらいあるそう。現地に住む日本人の数も増えてきており生活しやすいよう治安面も含め安心して暮らせるような生活環境作りに取り組んでいるそうです。

 

人手不足なのでスペイン語も日本語もできたら給料は現地メキシコ人の2倍は稼げるそうです。(現地人材会社の方からの情報です)

スペイン語レベルは最低限B1あればとのことでしたが、スペイン留学.jpではB2は最低限取得されることをお勧めします。B2以上のスペイン語力があれば職種の選択肢もかなり広がるそうです。これに加えこれまでの職歴も評価されることがほとんどだそうなので、例えば販売職で採用され日本で販売の仕事で働いていた方だとベースの給与に販売職歴がプラスされるそう。メキシコ、とっても待遇が良いですね。

 

今、日本国内でスペイン語を武器に就職先を探すよりメキシコの方が求人数が多いんです。

陽気なメキシコの人々、ラテン音楽、気候の良い環境で働くのも良いですね。これから海外で就職や転職を検討されている方は是非参考にされてください。

 

メキシコの現地情報を知りたい方や留学を検討されている方はスペイン留学.jpまでお気軽にお問い合わせくださいね。

TEL:06-6346-5554

E-mail:info@spainryugaku.jp

問合せ:問い合わせフォーム

スペイン留学.jpでは留学カウンセリングも随時受け付けております! カウンセリング予約

この記事をシェアする

関連記事

related posts

マラソンがバレンシアで行われる理由

留学におすすめのアプリ

2018年スペイン・中南米人気留学先ランキング