スペイン・中南米への留学なら、スペイン留学.jp|代行手数料 0円

  • 大阪06-6346-5554
  • 神戸078-230-2022
  • 東京03-6869-6435
  • 名古屋052-766-6406
  • 福岡092-517-9535

ネットで24時間
いつでもOK!

Web問合せ

長期留学で持って行った方が良いもの👜1

長期滞在となるとあれもいる、これもいると荷物が多くなりますよね。日本から持って行く方が良いものを91日以上の留学者向けにまとめました。

 

【貴重品】

・パスポートとパスポートのコピー

コピーはカラーのものが良いでしょう。常に携帯しておくこととお勧めします。

・海外旅行保険証とコピー

急な病気やケガのときにすぐ連絡できるように連絡先も控えておきましょう。

・クレジットカード

マスターカードかビザカードが便利です。キャッシュカード、クレジットカードの2つの機能が1枚になっている海外留学用のカードもございます。 カード詳細

現地でカードを使う際はほとんど、身分証明書の提示が求められます。(現地の人はカードと身分証明を一緒に提示しています。)パスポートのコピーではカードが使用できないお店も多いので要注意です。※スペインではJCBカードは使えません。

・現地通貨

出発前に日本で両替をしておきましょう。空港の両替所は混んでいたり、フライト時間によっては開いていないときもあります。

両替の際は大きい紙幣でなく、できるだけ金額の小さいものを選ぶと良いでしょう。両替所で500ユーロを渡されても現地では「金額が大きすぎるのでおつりがない」と支払えない場合もあります。(私がそうでした!)

両替した現地通貨はまとめて1カ所に入れるのではなく、2カ所以上に分けて持ち歩きましょう。財布も3つ以上あると便利です。(普段使い、旅行用、日本円用)

・日本円

空港までの移動やチェックインまで時間がある時に、飲み物や、「あ、これ買うの忘れた!」というときに数千円、小銭もあると便利です。

・ビザ

Tarjeta de Estudiante受領後はコピーをとっておきましょう。

 

※貴重品は全てまとめて1カ所に入れず、2カ所以上に分けて持参・保管・持ち歩くようにしましょう。

空港や街中を歩くときは目の届く範囲で持つようにしましょう。「ここは日本じゃない!」と意識することがスリ等の被害に遭わないための一番の対策です。

 

 

【薬・衛生用品】

・常備薬

胃腸薬、整腸剤、酔い止め、風邪薬、頭痛薬、痛み止め、鼻水用等普段飲み慣れているいるものを必ず持って行きましょう。葛根湯は疲れているときや寝る前に飲むと良く眠れて疲れが取れます。抗生物質など色々な症状に効くので医師の相談して処方してもらうのも良いでしょう。

薬は合う・合わないがあるので日本から持参するのが一番です。必要ないと思っている人程、現地で必要になります。

・マスク

現地では日本のように日常的にマスクは使いません。家の中や寝るときだけ使うと良いでしょう。街中で使うのは控えましょう。感染力の強い患者だと思われます。日本よりスペインの方が乾燥していますので自室に濡れたタオルを吊るす等、工夫をしましょう。

・カイロ

スペインでは売っていないので寒い時あると便利です。

・歯ブラシ

スペインのものはブラシのヘッドが大きく磨きにくいです。(スペインに売っている子ども用の歯ブラシでサイズはちょうど良いかも…)またブラシがかため・ふつう・やわらかいなど種類も多くありません。

・ヘアピン

外国のものは緩くて使いにくいです。100円ショップ等で売っているもの方が使いやすいです。

 

*シャンプー・リンス、コンタクトレンズ用品などは現地でも購入できます。

*女性の方は生理用品も現地で購入で来ますが、質は日本製のものが断然良いです。(海外ものを話のネタにお土産で買う人もいるくらいです。)スーツケースに余裕があれば持って行くのが良いでしょう。一度使ってみると納得しますので、一度は購入してみてください。

 

この記事をシェアする

関連記事

related posts

幼児の水の事故を防ぐには

日本でも聞く身近なスペイン語

熱中症や日射病になってしまったら