スペイン・中南米への留学なら、スペイン留学.jp|代行手数料 0円

  • 大阪06-6346-5554
  • 神戸078-230-2022
  • 東京03-6869-6435
  • 名古屋052-766-6406
  • 福岡092-517-9535

ネットで24時間
いつでもOK!

Web問合せ

旅行で便秘にならないために

蒸し暑い日が続きますがこうも暑いとキンキンに冷えた冷たい飲み物や、さっぱりとしたのどごしの良い食べ物が恋しくなりますよね。夏が近づくに連れてイベントも増えますが旅行に行かれる方も多いはず。スペイン留学や中南米留学を検討されている方もたくさんいらっしゃると思います。

 

旅行の後や旅先でお腹の調子が悪い、便秘気味・・・になった方いらっしゃいませんか。

ABC Web記事より便秘を回避するためのヒントについての記事があったのでこちらでご紹介します。

 

旅行前は脂っこいもの、甘いもの、アイスクリームやファーストフード等は控えること。日常的に豆類(レンズ豆、ひよこ豆、大豆、エンドウ豆、グリーンピースなど)、全粒粉のシリアル、それから全粒粉の食べ物(お米、パスタ、パン等)、ドライフルーツ、これに加え、可能なら毎日3種のフルーツと常温の季節野菜(サラダやガスパチョ、サルモレホなどでもOK)を食べることをエレナ・アギラル氏が推奨している。

それからもう一つ大事なのは日常的に運動をすることだ。早いペースで1日少なくとも30分のウォーキングをすること。もしくはこれに値する運動、有酸素運動が良いとのこと。

 

1日3種のフルーツ、これは日本ではなかなか難しいかもしれませんが日常的に豆類を多く食事に取り入れたり、運動をして体を動かすことはできますね。

 

スペインは日本に比べフルーツや野菜は安く、キロ単位で量り売りされているのでスペインに行く方は旅行先でたっぷりフルーツを食べられる事をおすすめします!

 

旅行の楽しみの一つ、食事。体調を崩さないためにも暴飲暴食は控えたいですね。食事がおいしければお酒も進みます…!食事の時間やその日の体調によっても異なりますよね。

 

旅行前も後も大きな変化なく生活できるよう日頃から食生活と適度な運動が大事ということですね。

 

この記事をシェアする

関連記事

related posts

スペインに持って行って良かったもの・持って行けばよかったもの

海外旅行 かばんの選び方

英語をブラッシュアップしたい方はスペイン留学へ!