スペイン・中南米への留学なら、スペイン留学.jp|代行手数料 0円

  • 大阪06-6346-5554
  • 神戸078-230-2022
  • 東京03-6869-6435
  • 名古屋052-766-6406
  • 福岡092-517-9535

ネットで24時間
いつでもOK!

Web問合せ

春休みのおすすめ留学プラン・バレンシア

長い春休み、学生のうちに有効活用すべきスペイン語の語学留学しませんか?留学は学生のときにできることのひとつです。社会に出る前に世界のことを知ってこれからの人生をより豊かにする為にも学生のうちに留学をおすすめします。

 

今回ご紹介するのはスペイン・バレンシアにあるエスパニョレ・インターナショナルハウス・バレンシアへのご留学プラン。

 

3月初めからスペイン3大祭りの一つである『バレンシアの火祭り』が開催されます。

サン・ホセの火祭りとも言われスペイン語ではLas Fallas(ラス・ファジャス)や単にFallas(ファジャス)と言う人もいます。毎年3月15日から19日まで開催され、街の至る所に大・小様々な形のFalla(ファジャ、張り子の人形)が飾り付けられ、爆竹ショーや民族衣装に身をまとった女性の献花パレードが行われます。お祭り中は街の中心地(セントロ)にはバレンシア郊外から車で入るのも難しいほど街を挙げて全ての人がお祭りにすべてを注ぎます。現地のスペイン人も自分自身で¨Estamos locos.¨(気が狂ってるよね)と認めるくらい1年に1回の火祭りを楽しみにしているのです。

 

そんな火祭り時期に留学するメリット、皆さんご存知ですか?

 

★火祭り時期はホテルを取るとハイシーズンでとても高くなりますが、留学すると学校提携の宿泊先(ホームステイ、共同アパート、学生寮、個人アパート)へ宿泊できるのでトータルの費用を抑えることができる

★現地人に親しまれている火祭りの歴史を現地の人から教えてもらえ、火祭りについてより詳しくなれる

★ワークショップやツアーなど学校のアクティビティがあるので、火祭り観光をしながらもスペイン語が勉強できる

です!

 

3月初旬からは街全体がお祭りムードが漂い留学中は授業後に毎日街を散策・観光しても時間が足らないくらい見るもの、経験できるもの・ことに溢れています。お祭りの前と後の街の変わりようを見るのも興味深いですよ。『こんなときは凄く早く仕事できるんだ!スペイン人!!』と思われる方も少なくないはず…。笑

 

昨年の1〜3月の学校全体の日本人比率は全体の3%、また時期的に航空券も安いので(日本―スペイン往復で10〜13万ほど)おすすめです。

その多同時期で国籍の多い順にイタリア、中国、ドイツ、オランダ、イギリス、スイス です。

年齢層は20歳の留学生が同時期で全体の70%なので様々な国の同年代の留学生と知り合い友達に慣れます。スペインの文化に加え他の留学生の国の文化にも触れることができて一石二鳥ですよね。

 

火祭り時期の主な学校主催のアクティビティは、

★火祭りニノット・エキシビションの見学

(芸術科学都市を散歩した後にその中にある博物館でニノットという小さな人形が飾られたエキシビションを見学します)

★市内の人形を見て回るツアー、ブニュエロス&チョコラテ

(火祭りの時期に食べられる揚げドーナツ。中身はかぼちゃ味が一般的ですが、イチジク味などもあります)←これとってもおいしいです♡

★イルミネーションで有名なルサファ(Ruzafa)地区散策

(ルサファのイルミネーションは圧巻です!)

★ファジャでのパエージャ

(お祭りを盛り上げるファジャというグループが街中にあり、そのパーティに参加します。パエージャを食べた後は屋外コンサート)

★ビルヘン広場でのオフレンダ

(火祭りのメインイベント。美しい民族衣装に身を包んだファジェラ、ファジェロたちの献花パレード)

です。これはエスパニョレが留学生向けに開催しているアクティビティの一例でバレンシアの市が火祭り期間中、毎日開催しているイベントなどもあるのでそれにも参加すれば放課後眠るまでずっと何かしらに参加でき本当に毎日お祭りなのです!

 

 

気になる料金は、

日程:2019年3月4日(月)〜3月22日(金)の3週間だと、

・登録料(教科書代含む):50ユーロ/6,500円

・インテンシブスペイン語コース(週25レッスン):600ユーロ/78,000円

・ホームステイ(1人部屋・2食付き・バス共同):600ユーロ/78,000円

計:1250ユーロ/162,500円

 

ホームステイの料金は3週間で600ユーロ/78,000円なので週あたり200ユーロ/26,000円。食事も2食ついてこの料金です。街の中心地にあるビジネスホテルやホテルに食事付きで宿泊すると、火祭り時期なら、200ユーロ/26,000円の同じ料金で2泊か3泊できたら良いところでしょう。

 

どれだけお得か分かって頂けたかと思います😄

あとは海外送金手数料6,500円(この送金手数料のみお客様負担です)、往復の航空券(10〜13万)、海外旅行保険(〜3万ほど)プラス現地で使うお小遣いで留学の費用はトータルでお考えください。

 

3週間だと最低でも35万、多く見積もって40万あれば現地で食べて、飲んで、買い物も楽しめるでしょう。

 

スペイン留学.jpでは学校の申込手続きや宿泊先の手配は無料でサポートしています。実際に現地の学校を視察しているスペインネイティブスタッフ、日本人スタッフもいるの現地事情にも詳しいです!

留学も1週間からできるので予算の都合上、期間も3週間は厳しい。という方でも諦めないでください!期間を短くする、滞在先を共同アパートにするなど留学費用をできるだけ安くおさえる方法は色々あります。

 

気になる方はお気軽にお問い合わせくださいね。

ご留学の相談ももちろん無料です。

TEL:06-6346-5554

E-mail:info@spainryugaku.jp

お問い合わせ:フォームから

この記事をシェアする

関連記事

related posts

マラソンがバレンシアで行われる理由

留学におすすめのアプリ

2018年スペイン・中南米人気留学先ランキング