スペイン・中南米への留学なら、スペイン留学.jp|代行手数料 0円

  • 大阪06-6346-5554
  • 神戸078-230-2022
  • 東京03-6869-6435
  • 名古屋052-766-6406
  • 福岡092-517-9535

ネットで24時間
いつでもOK!

Web問合せ

スペインと日本のここが違う!生活編

日本の住居とスペインの住居、たくさん違いがあることをご存知ですか?

 

まずは玄関。日本は靴を脱いで上がりますがスペインは土足です。家の中で履く楽な靴やスリッパに履き替える人もいます。またこういった履物は家にもよりますが玄関に置かず自室や寝室、玄関から見えにくいところにおいてある家庭が多いです。

これから現地に行く方や旅行に行く方は、滞在先の室内で履くスリッパを持参されるのが良いでしょう。あくまでも家の中、滞在先の中だけで履くようであって、出かける際や街中に出る際はきちんと靴などを履きましょう。現地では日本のように、ちょっとそこまで・・・という格好で出かける人は少ないです。

 

さて、話に戻り、スペインのリビングは日本とそんなに変わらないでしょう。テレビ、ソファ、テーブルがあって・・・スペインでも一般的には変わりません。

 

台所はどうでしょうか。流し、コンロ、食洗機、食器棚、冷蔵庫、レンジ…それからスペインの台所には洗濯機があります。

日本のように洗濯槽が長いものやドラム式ではなく写真のような形の洗濯機が一般的、日本の洗濯機のように静かではなくすすぎ・脱水のときはウーーンと音を立てて動くものが多いです。笑  また食洗機は全自動の食器洗い機の家庭も多くなってきています。

 

それから、バスルーム!

日本はバスタブがあって、洗い場があってというところをお風呂と思っている方が多いと思いますが、スペインでは違います。

バスタブがあっても洗い場がないところがほとんどで、シャワールームのみでバスタブがないお風呂もあります。またバスルームにはトイレが一緒にあるところが多いです。日本で言うユニットバスですね。

それからウォシュレットはトイレの便器とは別に備わっているところも多いのがスペイン。ウォシュレットとして使う人もいれば足を洗うのに使う人もいます。中には日本のように全く使わない人も・・・

 

日本人は素足で生活することに慣れていますが、スペインではなかなかそうはいきません。慣れるまで時間がかかる方もいるでしょう。私は冬でも靴下なども履くことなく素足でいるのが好きだったので、慣れるのに結構時間がかかりました。

 

長い時間靴を履いているとむくみやすくなったりもするので、リフレッシュ方法として足つぼを押したり、足つぼマットを持参されても良いですね!

 

 

この記事をシェアする

関連記事

related posts

スペイン一おいしいお肉を食べれる街、タランコン

中南米好きにおすすめの本

現地留学生の声★バジャドリッド大学