スペイン・中南米への留学なら、スペイン留学.jp|代行手数料 0円

  • 大阪06-6346-5554
  • 神戸078-230-2022
  • 東京03-6869-6435
  • 名古屋052-766-6406
  • 福岡092-517-9535

ネットで24時間
いつでもOK!

Web問合せ

できるだけ安く留学する方法って?

こんにちは!
スペイン留学.jpです。

今日からスペインについて、中南米についてブログを書いていきます。
よろしくお願いします!

さて、今日はスペイン語留学の気になる費用についてです。
セミナーやカウンセリングでも一番ご質問が多いのは、やっぱり費用のこと。

スペイン語留学って、どれくらい費用がかかる?物価は?時期によって高くなったり安くなったりするの?などなど、たくさん質問をいただきます。

留学の費用はズバリ!滞在都市と滞在形態で大きく変わります。
スペイン国内では、首都のマドリード、芸術の街バルセロナ、美食の街サン・セバスティアンの3都市が、他の都市と比べると宿泊費が高くなります。

上の3都市だと学校にもよりますが、1週間のスペイン語グループレッスンとホームステイで60,000円前後です。

対して、スペイン第3の都市のバレンシア、歴史遺産が多く残るグラナダ、学生の街として知られているサラマンカだと43,000円〜50,000円くらい。

さらにさらに!
できるだけ留学費用を抑えたい方は必見★
マドリード、バルセロナ、サン・セバスティアンの3都市以外の街で、かつ滞在形態を共同アパートにすると費用をもっと抑えることができます。

この共同アパート(スペイン語では一般的にピソと言われています)という滞在形態は、台所やお風呂、トイレは留学生共同で使い、寝室兼勉強部屋として個人部屋を持つ、いわゆるシェアハウスのような滞在形態です。掃除、洗濯、ご飯の準備など基本的には自分でしないといけないので、その分、留学費用を抑えることができるのです!

たとえばスペイン・マドリードに1週間ホームステイで滞在し留学すると、58,000円。
滞在形態を共同アパート(スペイン語ではピソと言われています)にすると53,000円。

長期になればなるほど差額は大きくなります。

少し留学費が高くても好きな街へ留学したい、サッカーを本場で観たい、都会が良い!とマドリード、バルセロナ、サン・セバスティアンを留学先候補から外せなくても、2〜3ヶ月以上の申込で長期割引が適用される学校もあるので、そういった学校を選ぶのも一つです。

ここまで読んで頂きありがとうございます。

スペイン語留学のことでわからないことやご質問ございましたら、お気軽にご相談ください。

この記事をシェアする

関連記事

related posts

セミナー参加者の声

スペイン語留学ガイドリニューアル★

トビタテ留学ジャパン・応募時のポイント