TOPスペインについて中南米について学校についてビザについて滞在についてサポート内容よくある質問
体験談
まずは気軽に資料請求
個別にじっくり相談 カウンセリング予約
留学のご相談 お問い合わせ
留学を目的で選ぶ Proposito留学を地域で選ぶ Regionスペインについて Espana中南米について Latinoamericaスペインの大学 Universidades en España体験談 Experienciasサポート内容 En lo que ayudamosご出発までの流れ Hasta la salidaお見積もり例 presupuestoビザについて Visado宿泊先について Alojamientoよくあるご質問 preguntas frecuentes会社概要 Quienes somos
ADELANTEadelante shopacueductoスペインフェアスペイン文化協会

HOME>体験談>IKUKO さんの体験談

スペイン留学 体験談:I.N さん
滞在都市 ベヘール / カディス
学校名 La Janda (ラ ハンダ)
コース 集中スペイン語コース 20時間/週
期間 2008年8月11日~ (2週間)

留学準備について

夏 に1ヶ月程休みがありどこか海外旅行にでも行こうかなと思ったのが今回の留学のきっかけでした。長期の休みなんてこの先そうそう取れないだろうし、それな らば一層の事プチ留学してみるのもいいかも!と思い立ったのです。留学先は当初、スペイン方面は学費や滞在費が高くつくと思い中南米方面で検討しました。 とある留学斡旋所でプエルトリコの短期留学を紹介して頂いたのですが、飛行機代がとてつもなく高くてこれはちょっと・・・と躊躇してしまいました。そんな 時アデランテにふと留学の話をしてみたところスペインに留学した場合も金額的にはプエルトルコとほとんど差がない事を知り急遽スペイン方面への留学に変更 しました。(飛行機代はプエリトルコへ行くのに比べて半分程で済みました)出発までの学校とのやり取りはすべてアデランテにお任せでき、疑問点なども確認 してもらえたのでとても心強かったです。

語学学校について

ク ラスメートは10名で主にヨーロッパから来ている人が多かったです。受講のタイミングがみんなバラバラなので私よりも先に受講を開始している人、私と同時 に開始した人様々でした。行った時期が夏でしたのでバカンスを利用してやってきた社会人の方がほとんどでした。みんなとても熱心で休憩時間も生徒同士の会 話は極力スペイン語を使っておしゃべりしていました。クラスのレベルは私にとっては少し高めだったのですが、先生がとても親切で授業内容もクイズをやった りショートムービーを見たりとバラエティに富んでいてとても楽しかったです。

授業外に学校では毎日なんらか課外活動も用意されていて、地元のダンスを習ったり週末にはアフリカ大陸が間近に見える街タリファまでの遠足などに参加しま した。私の行った学校は小さな学校ですが夏は大盛況、ただし夏を過ぎるととても閑散とするそうです。開講クラスも少なくなるので必ずしも自分のレベルに あったクラスで受講できるとは限らないそうです。ですので受講する時期によっては小さな学校は授業の内容(レベル)のチェックがとても大事だと思いました。

宿泊先について

現地ではスペイン人家庭にホームスティさせて頂きました。ホームスティ先は留学先の学校に申し込んで手配して頂けます。スペインにおいてのホームスティはと てもビジネスライクであまり家族との交流はないとか、生活様式が違うから何かと不便な思いをするなどホームスティについてはネガティヴな話も聞いていたの ですが、どうせ2週間だけだし、ホームスティというものを体験した事がなかったのでよい機会だと思いホームスティを選択しました。

結果的にはホームスティにしてとてもよかったと思います。私のスティした家は夫婦に8歳の女の子、犬1匹という家庭で、私の他に留学生を1名迎えていまし た。ホームスティのよかった点はスペイン人の暮らしぶりを垣間見ることができた事と、一緒にホームスティした外国の方と友達になる事ができた事です。一緒 にホームスティした子はオランダからの短期留学生で私より1週間早く滞在を始めており、学校のクラスも私と同じでした。ですから家でも学校でも色々と分か らない事を教えてくれて、短い期間でとても仲良くなることができました。

ホームスティで不満に思った事は食事についてです。他の家にホームスティしている家に比べて格段に料理に手抜きを感じたからです。ある晩の食事は宅配ピザ なんてこともありました。しかし台所は自由に使わせてもらえて、冷蔵庫も勝手に開けて好きなものを食べてOKでした。食事も家族みんなで食べたので色々な 話を聞く事ができて楽しかったです。一方クラスメートの家では前菜からメインまでボリュームたっぷりの食事を用意してくれるけど台所には入れない(入れる 雰囲気ではない)し、食事は家族と別々なんて話しも聞きました。ホームスティ先が自分に合うかどうかを事前に知る事は無理な事で、自分にとって良いスティ 先にあたるのは一種の運でしょう。いずれにしても文化が違うという事を十分に踏まえて、希望があればちゃんと家族に伝える事が大事だと思いました。

ベヘールの生活について

私 が留学先にベヘールを選んだのはなんといっても治安の良さでした。私が滞在した2週間は丁度お祭りの期間で街が1年で一番活気づく時期でした。毎晩10時 や11時位から広場の特設ステージでフラメンココンテストやコンサートが開かれ、夜中だというのに小さな子供も遊びまわっていました。小さな街なので1週 間もすればすっかり街に馴染むことができ、お気に入りの散歩コースも出来ました。授業が終わった後や休みの日にはバスに乗って隣街に散策に行ったりもしま した。2週間のんびりと滞在するにはとてもよい所だったと思います。

その他

スペイン行くまでは楽しく過ごせるか、みんなとコミュニケーションがとれるかどうかとても不安でした。しかし自分が思っていた以上にスペイン語が話せてとて もうれしかったです。きっと相当めちゃくちゃなスペイン語を話していたと思うのですが、スペイン語しか通じないのでとにかくスペイン語で話すしかない。そ の環境のお陰でスペイン語を駆使する術が少し身についた様に思えます。

たった2週間の滞在でしたがスペイン語に囲まれた毎日のお陰で、色んな単語を覚えることもできました。スペイン語力が格段に上達した訳ではありませんが、 自分はスペイン語でコミュニケーションを取る事ができるんだという自信を持つ事ができ、短期とは言え留学体験をしてよかったなと思います。

これから留学される方へ

滞 在先や学校ではとにかく話す事を心がけてください。上手く話せなくてもとにかく発言しないと上達しないし、何よりも皆に自分を理解してもらえません。また 外国の人は日本について興味を持っている人は多く、日本の文化についての質問もよく受けました。普段から留学前には少しそういった知識も入れておくとよい かもしれません。

留学というとなんだかすごく大変そうですが、私の様に2週間位の期間であればホームシックの心配もありません。そして海外旅行以上に多くの事を得ることができます。

いつもの海外旅行の目先を変えて、プチ留学をぜひ体験してみませんか?